Cobitonetのブログ

私はMLMの魅力を知っています。ですがこの日本ではまだその良さが理解されず、未だに「ねずみ講」と言われ世間から偏見の目で見られている。そしていつの時代もネットワーカーの一人勝ち、参加メンバーの殆どが失敗者、そんな現状を打破させるために、私なりに「原因と対策」を追求し、そして偏見を取り除き、いつか「MLMは素晴らしい」と皆に認識して貰えるよう、努めて行こうと思います。チームの大切な仲間のために…

原因追求と対策を考えなければ同じ事の繰り返し


そもそもネットワークビジネスが世間で偏見や誤解を持たれているのは、過去の違法な商法による被害者の発生や合法だとしても、そのメンバーの堅実さの無い取り組み方や誇大化された言動による参加者獲得の末に起こった残念な結末がたくさん傷跡を残したということで、今現在でもその悪いイメージが失敗者により多くの人に引き継がれているのです。


それは勢いだけの勧誘者にうまく乗せられ、若者を始めとする参加者(20歳の私もそこに存在しました)は過度の期待や安易な参加動機、一緒に夢を掴もうと最初は勢いはあるが、明確なプロセスを伝えられていなかった参加者は想定外の現実を受け「思うように結果が出せないから辞める」といったことや、オートシップの製品が在庫として溜まる、アップからのプレッシャーやチームの環境が宗教チックで馴染めない等、ストレスを抱えながら続けた結果「精神的に苦痛だから辞める」といった事など、他にも挙げられますが、この
ような原因などが失敗者(退会者)を増やして来ました。


またその失敗者はMLMは魅力的なビジネスだけど参加した会社やシステムが悪かった、一緒にやっているメンバーが悪かったと、敗因を追及している人は殆どおらず、MLM自体が「成功し辛い難しいビジネス」という印象だけ焼き付き、そのイメージだけがまだ経験の無い人にまで波及し、その人の可能性までも奪ってしまうといった、悲しい現実が起こっているのです。


対策としてこの現状を変える為には将来性や信頼性のある会社・製品、そして過去に起きた失敗を繰り返さない取り組みを行っているチーム、また時代に合わせた取り組みを行っているチームが必須であり、そんな会社やチームが増え、またそれを見極められる人が増加すれば達成実績も増え、その達成者による紹介での参加者もまた実績を残せるといった連鎖が続けば、少しずつでも上記に挙げた問題は改善されるかと思います。


前前回の記事でも書きましたが、なんと言っても一番のポイントとして「チームの在り方」を確立しメンバーから発信される製品やビジネスの情報と共にその「在り方」や「ビジネスに対する取り組み方」等もしっかり伝え、受け継いで貰うという取り組みがやはり大切だと思います。


いずれにしても、時の経過と共に変えるべきところは変えて行かなければ、より良い新しいものを生み出すことは出来ませんし、これから未来ある若者に対し、同じ傷を負わせない為にも、私たちはこのビジネスを時代に合わせた柔軟な発想と思考を備え、堅実に取り組んで行かなければと思います。


文中の失敗者という表現が適切でないかもしれませんが、私もその失敗者だったのでどうぞお許しをm(_ _)m


最後までお読み頂きありがとうございました(*^。^*)

偏見・不安を無くし次世代へ繋ぐには

私たちのチーム内でも何人かに一人はリクルート活動している中で、知り合いに話をしたら「製品は凄いけど、それってねずみ講とかマルチでしょ?」や「ネットワークビジネスって上の人しか稼げないんでしょ?」など様々な否定的な返答・意見を言われ、なかなか同じ思考を持つ人に出会えないという現実があります。


なぜこの様なことが起きているのでしょう?それは欲深い者達が過去にもたらした原因がしっかりあるのです(p_-) その原因と対策については明日書きます。


私がMLMに再チャレンジしている原動力になっているのが、その原因を追究し対策を立て、達成実績を多く出すことで少しでも多くの人から誤解・偏見・不安を取り除き、次世代にMLMの魅力を伝えて行く。ということがあり、また今いる大切なメンバーがより活動し易くなる為にも、絶対的に揺るがない信念を持って取り組んでいます。


次世代に伝える理由は一つ、今までの日本を見て、これからの日本を見据えても若者が希望ある未来を描ける環境が現在また将来的に在るのか、そして誰もが平等に得られるその選択肢が存在するのか、と考えると残念ながらそのような魅力ある企業やビジネスは近くには存在しませんでした。ですが上記に挙げた条件を唯一満たしているのがMLMなのです。だから自信をもって次世代に伝えたいのです。


しかしこのMLMでは失敗者と言われる人が過去に多数存在(昔の私もそうでした)した為、今でもネットや口コミで批判を目にします。ですが、ここで大事なのが「その批判をしている人は、あくまでも失敗者です」私は失敗者の意見よりも成功者のプロセスを聞き入れた方が、自分にとっては利口だと思います。


また、万が一失敗したからと言っても、経験した私が自信を持って言えますが、その後の人生に大きな影響をもたらす程の失敗でもなく、むしろ人生経験としてプラスになりました。やらなかった後悔をずっと引きずるよりも、やって成功すれば良し、やって失敗してもそれを後悔として引きずるか、経験値UPと考えプラスにするか、結局本人の受け止め方次第なんですよね。


若者に言いたい、
数少ないチャンスが目の前に現れたら、自分の直感を信じ、何も怖がらず希望を持ってチャレンジして欲しい。「やらなければ良かった」はその後どうとでもできるが、「やっておけば良かった」はもう取り返しがつかない。時は巻き戻せないのだから。


最後までお読み頂きありがとうございました(*^^*)

居心地の良い環境・満足のできる環境


前回の続きを書きます。「顧客に満足して貰うために」それは当たり前ことで、「従業員に満足して貰うために」と企業努力している会社も増えて来てます。これは人材不足のせいもあり「昔と違い会社が選ばれる」という時代になって来ているという事です。


MLMでも参加者は自由に会社を選択出来ます。そしてその選択基準・理由として会社の規模、将来性、商材の需要、報酬(待遇)、チーム(グループ)のビジョン、ポリシーや取り組み方、他チームを上回る武器を持っているか、等が上げられますが中でも重視しなければならないのが、その環境(チーム)が「自分にとって満足のいく環境か」ということです。


これはMLMに限らない話だと思いますが。。。


会社も商材も報酬プランも良いのに、チームに満足力が無ければ当然メンバー全員が苦労し活動が困難になってしまいます。


ではメンバーが「満足のできる環境」とはどんな環境なのでしょう。



情報力
基本、口コミビジネスなのでメンバーに対して最新かつ正確な情報提供が要求されます。これは紙媒体では効率が悪く今の時代、よりスピーディーに提供できるHPやSNSの活用が必須とされます。この環境が整っていないチームは満足できる環境とは言えません。


サポート力
メンバーには未経験者や不器用な人、口下手な人と様々です。でもメンバーになった以上、チーム(リーダー)として面倒を見なければなりません。始めた以上、誘った以上、何があってもそのメンバーをフォローするという気持ち(責任)を個々が持たなければ、皆が満足できるチームにはならないでしょう。


温度と空気
熱いチームに入ればヤケドして近寄れなくなり、寒いチームに入れば凍えて動く力を失います。また重い空気のチームの中ではやる気がなくなり、軽い空気のチームの中では我を失います。満足のいく環境のチームにはいつも「心地よい温度と温かい空気」が存在しているものです。


このビジネスは製品や報酬プラン等を我々が変えることは出来ません。でも唯一変えられるのはチームとしての取り組みです。


この取り組み方の違いで様々なチームが存在し、そして参加者がどのチームで活動するのが正解かという選択基準にも繋がります。


チーム側は「参加者から選ばれている」という意識を高く持ち、また「メンバーに満足して貰う環境作り」を追究し続けなければならないと思います。


最後までお読み頂きありがとうございましたm(_ _)m