Cobitonetのブログ

私はMLMの魅力を知っています。ですがこの日本ではまだその良さが理解されず、未だに「ねずみ講」と言われ世間から偏見の目で見られている。そしていつの時代もネットワーカーの一人勝ち、参加メンバーの殆どが失敗者、そんな現状を打破させるために、私なりに「原因と対策」を追求し、そして偏見を取り除き、いつか「MLMは素晴らしい」と皆に認識して貰えるよう、努めて行こうと思います。チームの大切な仲間のために…

居心地の良い環境・満足のできる環境


前回の続きを書きます。「顧客に満足して貰うために」それは当たり前ことで、「従業員に満足して貰うために」と企業努力している会社も増えて来てます。これは人材不足のせいもあり「昔と違い会社が選ばれる」という時代になって来ているという事です。


MLMでも参加者は自由に会社を選択出来ます。そしてその選択基準・理由として会社の規模、将来性、商材の需要、報酬(待遇)、チーム(グループ)のビジョン、ポリシーや取り組み方、他チームを上回る武器を持っているか、等が上げられますが中でも重視しなければならないのが、その環境(チーム)が「自分にとって満足のいく環境か」ということです。


これはMLMに限らない話だと思いますが。。。


会社も商材も報酬プランも良いのに、チームに満足力が無ければ当然メンバー全員が苦労し活動が困難になってしまいます。


ではメンバーが「満足のできる環境」とはどんな環境なのでしょう。



情報力
基本、口コミビジネスなのでメンバーに対して最新かつ正確な情報提供が要求されます。これは紙媒体では効率が悪く今の時代、よりスピーディーに提供できるHPやSNSの活用が必須とされます。この環境が整っていないチームは満足できる環境とは言えません。


サポート力
メンバーには未経験者や不器用な人、口下手な人と様々です。でもメンバーになった以上、チーム(リーダー)として面倒を見なければなりません。始めた以上、誘った以上、何があってもそのメンバーをフォローするという気持ち(責任)を個々が持たなければ、皆が満足できるチームにはならないでしょう。


温度と空気
熱いチームに入ればヤケドして近寄れなくなり、寒いチームに入れば凍えて動く力を失います。また重い空気のチームの中ではやる気がなくなり、軽い空気のチームの中では我を失います。満足のいく環境のチームにはいつも「心地よい温度と温かい空気」が存在しているものです。


このビジネスは製品や報酬プラン等を我々が変えることは出来ません。でも唯一変えられるのはチームとしての取り組みです。


この取り組み方の違いで様々なチームが存在し、そして参加者がどのチームで活動するのが正解かという選択基準にも繋がります。


チーム側は「参加者から選ばれている」という意識を高く持ち、また「メンバーに満足して貰う環境作り」を追究し続けなければならないと思います。


最後までお読み頂きありがとうございましたm(_ _)m