Cobitonetのブログ

私はMLMの魅力を知っています。ですがこの日本ではまだその良さが理解されず、未だに「ねずみ講」と言われ世間から偏見の目で見られている。そしていつの時代もネットワーカーの一人勝ち、参加メンバーの殆どが失敗者、そんな現状を打破させるために、私なりに「原因と対策」を追求し、そして偏見を取り除き、いつか「MLMは素晴らしい」と皆に認識して貰えるよう、努めて行こうと思います。チームの大切な仲間のために…

善意を繋いだらみんなが幸せに・・・

私が再びMLMを始めてから4ヶ月が経ちました。


みんなの力で順調に組織が拡大していく中、ふとチーム全体を見渡してチームみんなの笑顔を想像したらある映画の事が思い浮かびました。

ペイ・フォワード 可能の王国』という映画です。まぁまぁ古い映画なのですが、当時、主人公の少年が黒板に書いた1つの図とそのメッセージが私の心に衝撃を走らせ、それ以降MLMの図を描くとこの組織(チーム)があの映画のようにみんなを幸せな気持ちにする事が出来る可能性を持ってるんだよな~って思うんです。


みんなが日々心にゆとりのある、幸せな気持ちで送れる生活が実現できたらどんなに楽しいだろうな~って♪


前ブログにも同じような事を書きましたが、私はMLMをお金稼ぎという単純なものにしたくないのです。実際私はそんなにお金に困っていないので、それよりも価値のある宝物を求めて活動しています。


MLMでは数々の出会いがあり、そしてその誰もが誰かと必ず紐づけされているという、ネットワーク組織特有の壮大な可能性やその魅力を感じない訳にはいかないんです。


この組織を通じてお互いに何かを学び、感じ、成長していける事がとても素敵な事で、そんな仲間と共感し合えるこの環境こそ幸せな人生を送るためにとても大切な場だと思うんです。


この環境で映画のように善をして貰った人に返すのではなく、他の人へ受け渡すというリレーが起これば、きっとみんなが幸せな気持ちになれて、心にゆとりのある生活を送ることが出来るのではないでしょうか。


そんな事を描いている私は、いま目の前にあるこの大切な宝物を守るため、そしてみんなが心にゆとりのある生活を送ることが出来るようになるために、日々精進していこうと強く思うのです。


最後までお読み頂きありがとうございました(*^^*)